オンライン英会話の比較専門サイト。掲載スクール数No.1。専門レビュアーによる詳しい体験談や、オンライン英会話スクールへの独占インタビューなどオリジナルコンテンツ多数掲載。

「高品質」ビジネス英会話 Bizmates体験レポート

「高品質」ビジネス英会話 Bizmatesロング体験レポート

ビズメイツ


画像の説明

 オンライン英会話スクールも、定着しつつあり、個性の時代なってきました。その中で需要が急速に高まりつつあるビジネス英会話に特化したオンラインスクールがあります。

 それが今回紹介するBizmates(ビズメイツ)です。


 今回はビジネス系スクールということで、いつものYouになりかわって、久々にTOEIC970点のJUNが担当!臨場感あふれるレッスン体験をお届けします



TOEIC970点ライター・JUNの体験談

  • 1.HPの使いやすさ・予約について
     プロフェッショナルなイメージのHPです。ビジネスに特化しているというスクール自体の特長がわかりやすく説明されています。特に25分のレッスンがどう流れるかフローが書かれていたのが特徴的で、ビジネス英会話をメインで習いたい人には魅力的なカリキュラムであることが十分伝わってきました。

     かなり予約がうまっている先生もいますが、それでも十分な講師数がいるのでまだレッスン予約に苦労するということはなさそうです。まず日付を選んでから、先生ごとの空き時間をクリックして予約するようにできているのでわかりやすいです。
  • 2.レッスン内容
     2レッスンとも、オリジナルカリキュラムで進められるBizmates Programを申し込みました。
     オリジナル教材を使って、まずは単純な会話例を見てみる。
     これが実はナチュラルな会話ではない例として学びます。
     次にビズメイツ方式の会話を学びます。

     こっちは、相手に対して相づちをうつ回数や相手の答えに質問したり、「あなたはどう?」って聞き返したり、ごく自然な会話例を学んでいきます。
     次にテーマだけ与えられて先生との会話を進めました。結構頑張って長く会話ができるように聞かれたことに対して答えるだけじゃなく説明を追加したり、先生の方へ話題をふってみたりしました。
     かなり充実した25分でした。
  • 3.講師について 
     一人目の先生は、終始にこやかで聞き取りやすいしゃべり方をする先生でした。おそらく忍耐強い方なのでしょう。こちらが言いよどんでいてもしっかり待ってくれます。

     会話を上手に進めるためのコツもちゃんと説明してくれるので、25分のレッスンを開始する前とあとでは意識が違っていることに気づきました。
     二人目の先生は明るい感じの先生。笑いの絶えないレッスンになりました。特に大きな数字を言う箇所だったので、私が最初に100,000,000 を one hundred thousand thousand って読んで二人で大笑い。ってところからスタートしたレッスンだったので25分があっというまでした。
  • 4.全体の感想など
     通常1レッスンのところが今だけ2回受講できるということで申し込みました。2レッスンの無料体験だけでもかなり特長をつかむことができますね。25分のレッスンの中で前回のレビューをします。

     どれくらい前のレッスンのことを習得できているか、ですね。
     細かくレベルやランク分けがされていて、受講中のテキストは見返すこともできるので復習にも使えます。前回分のレッスン記録を見ると先生が細かくコメントを残してくれているのがわかりました。

     こうやって復習を必ず取り入れることで習った会話方法は必ず身に付くように出来ていると思いました。ビジネスシーンで繰り広げられる可能性のある英会話がいくつも用意されています。

     受講中のレベルのテキストしか参照できませんが、たくさんオリジナル教材が準備されているのでこれを順番に続けていくだけでもかなり力がつくと感じました。

管理人HIROからお知らせ

 ビズメイツでは、オンラインでのレッスンとは別に、動画で学ぶビデオレッスンを2013年4月から提供開始しています。
 動画といっても、ただ、「聞きっぱなし」というものではなく、まるで講師と実際に話しているかのようなインタラクティブな内容で、実践コミュニケーションスキルを修得することができます。


 ビデオレッスンだけの購入も可能ですが、ライブレッスン(講師とのオンラインレッスン)と組み合わせると更に効果的で、購入価格も割引されるとのことです。

 まずは、下の無料動画で、レッスンの内容をチェックしてみてください!
 


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional