オンライン英会話の比較専門サイト。掲載スクール数No.1。専門レビュアーによる詳しい体験談や、オンライン英会話スクールへの独占インタビューなどオリジナルコンテンツ多数掲載。

オンライン英会話フィリピン人講師選びのテクニック

上達する!フィリピン人講師の選び方テクニック

画像の説明


 

現在日本国内にあるオンライン英会話は200社以上。オンラインを取り入れている通学型のスクールも入れるとそれ以上になります。
 学校が増えるのは選択肢が広がることにつながり、生徒にとってはありがたいですが、どうやって多すぎて選べないというのも現実。

 今回は管理人HIROが、英語学習が楽しく長続きするための講師の選び方を教えます!


質の高い講師を選ぶコツ

 勉強していてタメになると実感できるのは、やはり「優秀な先生」と出会うこと。
 でも、どこのスクールも「優秀な講師陣」をアピールしていて結局ホームページを見ているだけでは、どこのスクールに優秀な講師がいるのかはわかりません。

  そういうときは講師のプロフィールをチェック!
 とにかくきれいな発音、きれいな英語を身につけたいと思うなら、迷わず海外企業経験のある先生をチョイス。
 欧米系の企業は英語の得意なフィリピン人をコールセンターに雇っているケースが多いです。コールセンターのオペレーターの英語はネイティブと間違うくらいキレイです。
 フィリピンなまりの英語はちょっと・・・と思っている方もびっくりしますよ。

画像の説明


オンライン英会話hanasoの講師>>>ホームページはこちら

 レッスンで教えるのが上手な講師を選ぶなら英語教授法の国際資格TESOLを保有している講師を選ぶのもひとつ。
 それぞれのスクールでは、生徒に教えるための研修を受けていますが、それ以前に資格を保有している人は、元々教えることに興味がある人も多いので、指導も丁寧なことが多いです。

画像の説明


QQイングリッシュの講師>>>ホームページはこちら

とにかく楽しく続けたい方は相性重視で講師選び

 英語はもちろんマスターしたいけど、講師の先生とカタコト英語でもいいから共通の話題で楽しくおしゃべりしたい!という方は、講師の条件検索ができるスクールを。
 講師数が100人を超えるようなスクールでは、一覧から探すのも一苦労です。

画像の説明


ラングリッチの講師>>>ホームページはこちら

 そういう場合は、講師の年齢や専門スキル、日本語能力などを条件検索でさがすのが一番。
  条件検索ができないスクールでも、最近では講師の趣味や興味のあることなどを掲載しているスクールも多いので、それだけで共通の話題ができるため、レッスンは楽しくなります。

日本語が話せる講師にこだわると、選択肢の幅が狭くなる

画像の説明

 フィリピン人講師の中には日本語が話せる人もいます。挨拶程度の方も多いですが、中には日常会話レベルの人もいます。
 ただ、生徒の日本語での質問に流暢に答えてくれる講師となると、かなり限られてくるうえに、そのスクールの中でも超人気で予約がなかなかとれない場合が多いです。
 
 英会話超初心者の場合は日本語が話せる講師のほうが安心ですし、確かに上達も早いです。
 ただ、そこにこだわり過ぎると、レッスンの回数を減らしてしまいかねません。
 ちょっと難しいな。キツイなとストレスがかかるくらいが実は語学は一番上達します。
 なので、失敗を恐れずにいろいろな講師の方を選んでみましょう。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional