オンライン英会話の比較専門サイト。掲載スクール数No.1。専門レビュアーによる詳しい体験談や、オンライン英会話スクールへの独占インタビューなどオリジナルコンテンツ多数掲載。

カランメソッドの意外な効果。日本人に一番必要なことが学べるメソッド

カランメソッドの意外な効果。日本人に一番必要なことが学べる

画像の説明


 雑誌やメディアで特集されることも多い、英語学習法「カランメソッド」。
 当サイトでも、カランメソッドが学べるオンラインスクールはとても人気です。


・「4倍早く英語をマスターできる」

・「中学文法から英語やりなおせる」


 など内容がクローズアップされることは多いですが、実は日本人が最も英語を不得意とさせているある部分の克服にピッタリなのです。

 今月は、そんなカランメソッドの意外な効果について特集してみました。


英語を話すことが苦じゃなくなる

画像の説明


 カランメソッドの特徴はとにかく「たくさんしゃべる」ということにあります。


 1対1のレッスンで、一般的なスクールの約4倍の量を話します。
 しかも、英語での質問に英語で答える反復練習が基本。

 スポーツで言えば、千本ノックを受けているようなかんじですね。
 日本語で考えてから英語に置き換えるというヒマを与えてくれませんので、英語で考えるといういわゆる「英語脳」ができあがります。


 英語脳が作られる過程の中ではたくさん失敗します。
 失敗したら、正しく言えるようになるまでやり直すのがカランメソッドのルールです。
 回を重ねるごとにレベルは上がっていくので、上のステージに進んでも失敗はします。


 しかし、ある程度進むと失敗することが苦じゃなくなります。
 最初は間違えたらどうしよう、答えられなかったら恥ずかしいと、尻込みして「えー」「あー」と小声で言っている人も、堂々と間違えるようになれます。

 この時点で英語を話すことにストレスを感じなくなります。
 楽しくなって、もっと話したいという気持ちにさせられます。


身構えないから聞けるし話せる

 初心者のうちは、うまく先生の英語を聞き取れません。
 聞き取ろうと必死になればなるほど緊張して固くなります。緊張すると楽しめません。
 でも、リラックスして聞けるようになれば、たとえ質問にうまく答えられなくても恥ずかしくありません。
 だから緊張することもない、という好循環が生まれます。



心理的障壁を超えれば急に話せるようになる



画像の説明
 例えばTOEIC900点、英検準1級というレベルの人でも、会話が苦手という人もいます。
 そういう方のほとんどは実践での会話不足が原因ですが、こういう方こそ、間違えることの羞恥心や話すことでの緊張から解放されると、突然上達することがあります。

 英会話を学びたての方でも、恥ずかしいから話せない、話せないから上達しない悪循環で、結局楽しめないまま英語を挫折するということがあります。

 こういう方こそ、カランメソッドに飛び込んで行ってほしいと思います。
 最初は、フルセンテンスで講師の質問に答えるという練習に、ヘトヘトになるかもしれませんが、しんどさを乗り切った時に、英語を通じたコミュニケーションの楽しさがやってくることは間違いありません。

 もし、恥ずかしくてなかなか英語がしゃべれないと感じている方は、ぜひカランメソッドの世界に足を踏み入れてください。



カランメソッドがおすすめのスクール

●イーフレンド
イーフレンド

https://www.efriend.jp/


プレミア英会話
プレミア英会話

http://www.premier-eikaiwa.com/




QQイングリッシュ
QQイングリッシュ

http://www.qqeng.com/



Ays English
アイスイングリッシュ

http://www.ays-e.com/

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional