オンライン英会話の比較専門サイト。掲載スクール数No.1。専門レビュアーによる詳しい体験談や、オンライン英会話スクールへの独占インタビューなどオリジナルコンテンツ多数掲載。

ハイクオリティ英会話の価値は?Ecom英語ネット体験レポート

ハイクオリティ英会話の価値は?Ecom英語ネット体験レポート

Ecom英語ネット
 

 前回静かに(?)好評を呼んだ『英語ビギナー主婦Youの気になるレッスン』。

 英会話は中学校以来というアラサー主婦のYouが、最近話題のオンライン英会話レッスンを潜入レポートするというものです。
 今月は、日本初のオンライン英会話スクールで、ネイティブ講師による20言語以上のレッスンが可能なEcom英語ネットさんです。

リーズナブルなオンラインスクールとの違い

 最近では1レッスン(25分)で100円を切るオンライン英会話スクールも出現する中で、Ecom英語ネットは、1レッスンが2,000円以上。
 金額面だけを捉えると、「高い!」という印象になってしまいますが、それでも8年も安定して運営されているには、値段では語れない、格安英会話との決定的な違いがあるわけです。その違いについてまとめてみました。

1.「日本語が流暢」ということ。

 授業開始からしばらくは日本語を話してくれませんでした。なので、「他のオンライン英会話スクールとあまり変わらない?」と思っていたのですが、進むにつれて日本語で会話をしてくれるようになりました。

 今まで体験した授業の講師の中で一番流暢な日本語ですごく驚きました。

2.「生徒に考えさせる授業」というポイント。

 他のオンライン英会話スクールでは、初心者というとほとんどの場合、教科書に忠実に勉強していくことになります。

 それでも学習にはなるのですが、「ただ読んでいる」だけなので、実践的な英語ではないことがほとんどです。
 
 Ecom英語ネットの授業では、「ここからは想像力を働かせてください」と言われて、教科書に書いてある質問を読まれます。そこで、「自分で英文とシチュエーションに合った単語を考えて」答えます。英語ビギナーとしてはかなり頭を使う授業でした。

 どうしてもわからない時は単語で話すと文章に組み替えて、なぜそのような文章になったかまで教えてくれるので、「ただ答えを読むだけで終わる」ということがないのです。

3.「発音の教え方がかなり徹底している」ということ。

Ecom

 発音の指導に関してはかなり感動しました。
 例えば、「Folder (フォルダー)」「Holder(ホルダー)」。日本だと両方とも頭文字は「は行」で、しかも「フォ」と「ホ」はほとんど同じ発音ですから、あまり違いがわかりません。
 その発音の違いを、講師は吐く息の温度の違いで教えてくれました。
 
 FはCold air(ふーという冷たい息)、HはHot air(はーと吐く暖かい息)、この口の形と息の出し方で発音するといいんだそうです。
 何度間違えてもかなり根気よく発音を直してくれました。
 文法を教えるだけではなく実際に伝わる英語を身につけさせようとする授業は、やはり他のオンライン英会話スクールとはワンランク違いますね。

Ecom英語ネットはこういう方にオススメ

Ecom英語ネット、こういう方にはぴったり!

 個別のニーズに応えてほしい方にはピッタリです。医療関係や法律関係、海外でビジネスをされている方向けなど、専門的な英語には、対応できる格安フィリピン系スクールはごくわずかで、その中でも限られた講師しかできません。

 逆に、外国人とおしゃべりをたくさん楽しみたいという目的の方は、レッスン代金も安くはないので、不向きだと思います。

 もちろん、一般的な日常会話を学ぶ方にも価値はありますが、今の自分の英語力の弱点を無くしたい、ブラッシュアップさせたい、専門的な語彙力を伸ばしたいという方には金額以上のスクールだと思いました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional