オンライン英会話の比較専門サイト。掲載スクール数No.1。専門レビュアーによる詳しい体験談や、オンライン英会話スクールへの独占インタビューなどオリジナルコンテンツ多数掲載。

英語でしゃべり隊クラブ南の島インタビュー

英語でしゃべり隊クラブ南の島インタビュー

画像の説明

 オンライン英会話スクールに突撃インタビューして、その人気や評判の秘訣を探ろうという企画「月刊オンライン英会話比較ガイド」

 今回のスクールは、講師も雰囲気もとにかく明るい!ポジティブな気分で学ぶことができる『英語でしゃべり隊クラブ南の島』さんです。



Q1.スクールの特徴を簡単に教えてください。


 しゃべり隊は2005年11月に開校したスカイプ英会話の老舗スクールです。フィリピンには外国人留学生のための英語学校がたくさんあります。
 
 それらのなかで当初から有名だった複数の英語学校と契約をして優秀な先生をお客様に提供することが実現いたしました。
 
 お客様には当初から現在まで先生のスキルや教え方には大変うれしいご評価を頂いております。


画像の説明



Q2.「3ヶ月で基礎を身につける」とありますが、3ヶ月を実現するために工夫されていることはありますか?


 「3ヶ月で基礎を身につける」は文法と会話の2つを用意しています。
 
 基本的には文法から始めますが3ヶ月というのはまったく英会話が初めての人がされた場合のことですので少しされたことがある場合は途中から始めることも可能です。
 
 また、少し話せる方は会話から入っても問題ありません。入口がどこからでも可能なのでもしも一旦、休憩したとしても再開しやすくなっています


画像の説明


Q3.月々4,320円からとかなりお安い価格設定ですが、どうしてこのような低価格が実現できているのでしょうか?


 当初は月々4,320円がなかったのですが長くご利用されている方に何か恩返しができないかとポイントの期限を短くすることにより低価格で提供できる月プランができあがりました
 
 結果、ポイント期限が長い5,400円の通常プランと同時に利用することによりどのようなペースで利用される方にも便利になりました。


画像の説明


Q4.子どもや初心者向けのレッスンが充実しているようですが、全く英語が聞き取れないレベルでも授業は受けられますか?


 ほとんどの子供の生徒さんは親御さんとレッスンを始めます。慣れてくると1人でも平気になってくることが多いようです。
 
 子どもに人気のある先生はカメラを使い仕草や絵などでわかりやすく教えます
 
 初心者の方は教材を利用されることをお勧めします。

 教材を見ながらのレッスンでしたら聞き取りが難しい部分があったとしても徐々に慣れてきます。


Q5.自分に合った講師を選ぶには、どのようなところを見るべきでしょうか?


 すべての先生のプロフィールページにはビデオがあります。

 先生のビデオを見て先生の雰囲気が合うかどうか確認すると良いと思います。
 
 また、実際にその先生のレッスンを受けた他の生徒さんからの評価がリアルタイムで更新されていますのでそちらもとても参考になります。


画像の説明


Q6.御校の生徒さんから聞いた嬉しい体験談があれば教えてください。


 英検に合格することができた!TOEICのスコアがアップした!など3年~5年続けられてるかたに定期的にご報告があることがとてもうれしいです。
 
 また、英語学習と関係がないのですが先生が明るいので辛いことがあったが元気が出てきたなど心の部分でもお役に立てたことも本当にうれしかったことです。


Q7.最後に英語学習者のみなさんへメッセージをひとことお願いします。


 今すぐ英語をしゃべれるようになりたい!と誰もが思っていることだと思いますが英語学習はそんなあまいものではないと思います。でも安心してください。
 
 長く根気よく続けることにより必ずしゃべれるようになります。長く根気よく続けるコツは細かい自分の成長に喜び(感情)を持つことだと思います。
 
 このような文法の表現の仕方がわかった!新しい単語がわかった!そして、使ってみる→ 通じた!うれしい。
 是非、しゃべり隊でその感動を味わってみてください。


画像の説明



編 集 後 記

 なかなか覚えられないと、ネガティブな気持ちになって、勉強する意欲もなくなって・・・結局やめてしまう。なんて人も多いですね。

 そんな『明るく』『ポジティブに』、そして『継続できるように安い価格設定』をされている英語でしゃべり隊クラブ南の島さんは、初心者の方にはとてもすばらしいスクールなのではないでしょうか。

 お子さまにも、楽しく英会話学習をさせてあげることができてとてもいいですね。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional